saveMLAK:Event/20110919/Log

提供: saveMLAK
ナビゲーションに移動 検索に移動

プロジェクト運営に関する討議[編集]

■議題:担当者不在のプロジェクトについて

問題提起:岡本真氏

・「南三陸に本を送る(昼間)」【外崎L:12月末まで】 ⇒ 電話して交渉し、寄贈もとより現地に送ってもらう(岡本氏より交渉相手を知らせる)

・「プロボノ派遣仲介の事後ヒアリング」 ⇒ 現地の担当者に本音を聞く(電話またはメールにて相手方に連絡)

・「ファンドレイジングをして欲しい(2名)」【藤田L、阿児M】 ⇒ 助成金申請の経験者が好ましい(赤い羽根など)、岡本氏が田中康文氏に相談役を依頼する

・「広報」担当者を決めたい。 ⇒ できれば広報実務経験者、主な作業は文書の記述とスケジューリング

・プロボノ担当者を支援する ⇒ 担当の細川さんMを支援するメンバー、登録者名簿の管理など(LAKより1名ずつが好ましい)

・東日本大震災デジタルアーカイブの担当 ⇒ テクニカルなことがわかる人(助成金の当てがない)

・アマゾンの欲しい物のリスト支援者 ⇒ 現地に参加を要請し、アマゾンへの仲介と手続き支援(代理、登録作業も!)

・被災地に本を送る活動の指針作成 ⇒ 図書館・出版関係者と調整して統一見解を作ることが好ましい

・被災地方紙の購読依頼 【神代】 ⇒ 行政手続きの事例を調査(予算化のノウハウ鳥取、宮古島)書籍化、編集担当【くさか】


問題提起:江草由佳氏

・wiki祭りを定期開催したい(1〜2/月)

・wikiシステム専任担当  ⇒ EC2に詳しい人 さくらinternetの横田氏にあたる

・wiki入力マニュアル作成

・wikiの呼びかけをして欲しい

・wikiのサイト構成を整理する ⇒ ゆきのさんが整理してくれたコミュニティを再整理したい

・wikiメインページのデザイン一新【わたなべゆきの氏に交渉】 ⇒ メインページが重いため、軽量化を図る。外部委託で10万円程度か)

・wikiページの運用【川上】 どのように運用するのか?費用をかけるか?(タスクの整理、情報更新チェック) サポートの人員が足りず、誤りのチェックもできない。費用をかけるのであれば管理できるのでは? 正確性の確保が必要であるので業務委託でも差支えない。 月額5万円くらいで半年維持考え、事務局として川上さんに一部の業務を委託する(糸野⇒川上で手続き)


◎担当者が見つからない場合 他のボランティア団体との連携によるマッチングを検討してはいかがか?(神代) マッチングの前例はあるのか?(くさか) 連携により解決する問題もあるが、成功例は少ない (マッチングの連携を行うJCNのプロジェクトなど、マッチングの場はあるが、あまり期待できない) 企業が手を挙げた場合にどうするか・・・


■プロジェクト運用上の注意点

 担当者は必ず経過をメーリングリストに送る 活動を切り上げる場合も明示する (いつでも引き継げるように進行状況を公開する)

 お金で解決できるものはその方法もあり。 ファンド確保は必須

 プロジェクトリーダーが居ないプロジェクトは中止する。

その他の報告、決議事項

■図書館総合展

1.ブース 費用:出展に約30万円、図書大会の売り上げで賄う    ブース費用に含まれるもの(A1パネル、チラシ800枚)チラシのスタンド、プレゼン8分

 ブース販売:絵葉書、エコバック、ステッカー、ポストイット、Tシャツ ⇒ 絵葉書は売れるのか?震災記録写真にしてはいかがか? ⇒ 年賀状目的より寒中みまいやクリスマスカードの方がベターでは? ⇒ ポストイットは大判の付箋で名札替わりになる粘着力が強いものが欲しい ⇒ 切手は販売できないのか?法律的に×(利益は得られない) ⇒ 長袖が欲しいという意見がある。

 ※ 共同出展ブースの為、場所が決まれば人員配置が決まる


2.フォーラム 講演者の細川さん用に旅費3万円を支出(決定) ustream中継はどうするか?昨年はeモバで行った。委託すると5万円程度かかる。(検討) saveMLAKの申し込みサイトを作る必要がある。


■南三陸仮設図書館の開館支援 仙台から南三陸(ガソリン代、高速代)、レンタカー代 50000円程度を会計より支出(決定)


■saveMLAK広報用 のぼり、またはパネルの作成 10000円から数万円を予定(決定)


■次回 NIIにて 10月11日 19時から21時を予定