COVID-19の影響による専門図書館の動向調査(2020/09/22)について

提供: saveMLAK
移動先: 案内検索
【調査対象は300館から837館へ大幅拡大。施設が再開されても図書館機能を当面のあいだ休止するとした図書館も多数】

全国にある専門的な情報を提供する専門図書館の数は千とも二千ともいわれています。

COVID-19の影響は、これら専門図書館にも及び、研究者や市民にとっての情報のインフラとして専門的な情報を得ることが難しくなっています。

研究機関や各種団体等に設置された専門図書館の動向を把握するため、2020年9月18日(金)から9月21日(月・祝)にかけて第3回調査を行いました。

前回同様、saveMLAKの公共図書館の動向調査の手法を参考に、837館(前回調査300館から537館増加)の専門図書館を対象に調査したところ、休館している図書館は105館(12.5%)でした。


調査の概要[編集]

調査回数
3回目
調査期間
2020年9月18日(金)~9月21日(月・祝)の4日間
調査方法
ウェブサイトの公開情報を集約(目視)
調査対象
全国の専門図書館、837館
調査主体
調査参加者16人(専門図書館に携わる関係者を中心にした有志)
調査条件
  • 調査対象には、図書館と図書室が含まれますが、この調査では以後図書館と表現します。
  • 調査対象は、主として、以下の誰でも利用できる”公開型”の専門図書館を対象としました。
    • カーリルの図書館データベースに掲載された専門図書館
    • 『専門情報機関総覧2018』に掲載されている専門図書館を抜粋
    • その他、調査中に存在が確認できた専門図書館
  • 調査開始から終了までの期間で状況は刻々と変化しており、各館の状況については調査時のものです。
  • 「情報掲載」について
    • 「ウェブサイトで図書館の情報が確認できたものは「○」、確認できなかったものは「×」としました。
  • 「開館状況」について
    • 外部(組織外)利用者に対して「来館利用が可能」または「来館利用は不可だがOPAC以外のなんらかの遠隔サービスが利用可能と明示されているもの」を「○」としました。
    • 外部(組織外)利用者に対して「来館利用不可」かつ「OPAC以外の利用できるサービスが一つも明示されていないもの」を「×」としました。
    • 「情報掲載」が「×」で開館状況も判断がつかないものは「-」としました。
    • 調査の根拠となった図書館やその親組織のウェブページのうち、可能なものは「Internet Archive」または「archive.today」に保存し、調査時点のページを閲覧可能にしています。

調査結果[編集]

全国専門図書館休館率動向(2020/09/21時点)

調査対象のうち、ウェブサイトに情報が掲載されている図書館が680館(81.2%)、掲載されていない図書館が157館(18.8%)ありました。

9月21日時点で休館している図書館は105館(12.5%)、開館している図書館は582館(69.5%)、残り150館(17.9%)は状況を確認できませんでした。なお、休館している図書館の内COVID-19以外の理由での休館が9館ありました。

前回の調査と比較して、開館している図書館が増加しました。また、制限されていたサービスについても緩和の動きがあります。

一方で、ウェブサイトに開館状況が明記されていないなど、状況が確認できない図書館が引き続く多くありました。

利用にあたっては、予約制での入館をお願いしている図書館が目立ちました。

前回からの動き[編集]

『課題解決のための専門図書館ガイドブック』専門図書館協議会私立図書館小委員会・編が8月20日に発売されました。 

緊急事態宣言の影響を受け、機関誌「専門図書館」は301・302号を合併号とし、テーマはコロナ関連とする予定です。

COVID-19対応としての取り組み[編集]

  • 早稲田大学坪内博士記念演劇博物館(東京都)では、COVID-19の影響により中止・延期せざるをえなかった公演の情報収集を行っています。チラシ・ポスター・パンフレット・台本等を収集しています。
  • 野球殿堂博物館図書室では、COVID-19の野球への影響を記録として後世へ残すため関連資料を収集しています。
  • 西尾市岩瀬文庫(愛知県)では、アマビエに似た「姫魚」が描かれた「姫魚図」を活用し、オリジナルグッズを製作している。
  • 京都大学霊長類研究所図書室(愛知県)では学外者の図書室入室を制限し、検温・入館記録等に協力できる人のみエントランスで閲覧を認めています。
  • 丹後ちりめん歴史館(京都府)は図書室にて丹後絹織物の歴史資料を公開しているが、図書室が狭いため予約を推奨しています。予約は楽天市場から1円で予約できます(無料になります)。
  • 兵庫県立人と自然の博物館 では、コロナ関係失業者の雇用追加募集(9名)を実施しています。

調査データの公開[編集]

調査データは、ライセンスをCC-0として公開します。

参考データ[編集]

全国専門図書館休館率動向(2020/09/21時点)
<参考>都道府県ごとの集計
No 都道府県 図書館数 開館 不明 休館 休館率
1 北海道 41 24 13 4 9.8%
2 青森県 5 4 1 0.0%
3 岩手県 13 11 1 1 7.7%
4 宮城県 13 10 1 2 15.4%
5 秋田県 2 2 0.0%
6 山形県 10 9 1 10.0%
7 福島県 8 6 1 1 12.5%
8 茨城県 30 25 4 1 3.3%
9 栃木県 2 2 0.0%
10 群馬県 12 10 1 1 8.3%
11 埼玉県 23 12 4 7 30.4%
12 東京都 227 161 29 37 16.3%
13 神奈川県 48 28 7 13 27.1%
14 千葉県 19 14 1 4 21.1%
15 新潟県 10 4 5 1 10.0%
16 富山県 7 5 2 0.0%
17 石川県 7 6 1 14.3%
18 福井県 4 2 2 0.0%
19 山梨県 7 5 1 1 14.3%
20 長野県 14 6 6 2 14.3%
21 岐阜県 10 8 2 0.0%
22 静岡県 20 12 7 1 5.0%
23 愛知県 32 26 3 3 9.4%
24 三重県 10 6 3 1 10.0%
25 滋賀県 10 5 3 2 20.0%
26 京都府 30 23 2 5 16.7%
27 大阪府 40 27 5 8 20.0%
28 兵庫県 39 34 2 3 7.7%
29 奈良県 7 7 0.0%
30 和歌山県 4 3 1 0.0%
31 鳥取県 6 4 2 0.0%
32 島根県 4 3 1 0.0%
33 岡山県 8 5 3 0.0%
34 広島県 19 11 7 1 5.3%
35 山口県 7 1 5 1 14.3%
36 徳島県 1 1 0.0%
37 香川県 6 5 1 0.0%
38 愛媛県 2 2 0.0%
39 高知県 8 5 2 1 12.5%
40 福岡県 26 17 8 1 3.8%
41 佐賀県 4 4 0.0%
42 長崎県 7 4 3 0.0%
43 熊本県 6 1 4 1 16.7%
44 大分県 4 3 1 0.0%
45 宮崎県 8 6 2 0.0%
46 鹿児島県 7 6 1 0.0%
47 沖縄県 10 7 3 0.0%
総計 837 582 150 105