• NEW! saveMLAKのWebサイトは、メンテナンス作業のため、2018年10月7日(日)の13時~18時(予定)にかけて一時停止します。
  • NEW! 平成30年北海道胆振東部地震 入力お願い:2018年9月3日に発生した北海道地震の被害の状況などの入力をお願いいたします。被害状況を記入する場合は [[Category:被害/平成30年北海道胆振東部地震]] を追記して記述して下さい。
  • NEW! 2018年西日本豪雨 入力お願い:2018年7月西日本における豪雨被害の状況等の入力をお願いします。被害状況を記入する場合は [[Category:被害/2018西日本豪雨]] を追記して記述して下さい。
  • 2018年大阪地震 入力お願い:2018年6月大阪地震の被害の状況等の入力をお願いします。被害状況を記入する場合は [[Category:被害/2018大阪地震]] を追記して記述して下さい。
  • NEW! saveMLAKニュースレター(PDF)第56号(2018年8月号)を発行しました。
  • 安全な開館のために~東北の図書館員からのメッセージ~を公開しました。
  • 第92回saveMLAK MeetUpを10月19日(金)に開催します。開催会場と参加者を募集しています。
  • 第93回saveMLAK MeetUpを11月20日(土)に開催します。開催会場と参加者を募集しています。

大田原市黒羽芭蕉の館

提供: saveMLAK
移動先: 案内検索
大田原市黒羽芭蕉の館
よみ おおたわらしくろばねばしょうのやかた
所在地 324-0234 栃木県大田原市前田980−1
緯度経度 36° 52' 4.09" N, 140° 7' 16.71" E
電話番号 0287-54-4151
メールアドレス
ウェブサイト http://www.city.ohtawara.tochigi.jp/8,283,31.html
備考 情報提供協力: インターネットミュージアム
地図を読み込み中...

被害状況[編集]

職員・利用者の被害[編集]

  • なし

施設の被害[編集]

  • 展示室の天井の一部分が崩落したほか、研修室や和室などで柱や壁などに亀裂が入った[1]


蔵書・収蔵品・展示の被害[編集]

  • 不明


その他の被害[編集]

運営情報[編集]

  • 常設展示コーナーの修繕が終わり,2011年6月18日から開館[1]
  • 2011年4月23日から研修室にて,講座「版本で読む 『おくのほそ道』 「近世陸奥 (みちのく) 篇」」を実施[2]
  • 2011年3月12日から6月17日まで閉館[1]

救援状況[編集]

避難受入情報[編集]

避難受入規模[編集]

その他[編集]

情報源[編集]

記入者[編集]

元情報[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 芭蕉の館、あす3カ月ぶり開館 被災展示室を修繕 |下野新聞「SOON」 - (6月17日)【大田原】東日本大震災で被害を受け閉館していた前田の「黒羽芭蕉の館」は、展示室の修繕作業を終え、18日に約3カ月ぶりに開館する。同館は展示室の天井の一部分が崩落したほか、研修室や和室などで柱や壁などに亀裂が入り、大震災翌日の3月12日から閉館していた。 今回はメーンの展示室の常設コーナーを修復した。黒羽藩主・大関家ゆかりの資料や、松尾芭蕉の「おくのほそ道」の工程図などが展示されている (2011//06/17掲載,2011/10/16閲覧)
  2. 大田原市.広報おおたわら(平成23年04月01日号) No.1141, p.13 版本で読む 『おくのほそ道』「近世陸奥 (みちのく) 篇」 受講者募集 - 黒羽芭蕉の館では江戸時代に出版された本を読み進める講座を開催し ます。本年度は 「陸奥篇」としまして、「白川の関」から「松島」あたりまで続けて読み進めます。●日時 4月23日、5月7日、6月11日、… (2011/04/01発行,2011/10/16閲覧)
大田原市黒羽芭蕉の館」に関する事実
Address324-0234 栃木県大田原市前田980−1 +
Comment情報提供協力: インターネットミュージアム +
Coordinates36° 52' 4.09" N, 140° 7' 16.71" E緯度: 36.8678033
経度: 140.1213085
+
NameYomiおおたわらしくろばねばしょうのやかた +
Tel0287-54-4151 +
Websitehttp://www.city.ohtawara.tochigi.jp/8,283,31.html +

案内メニュー