唐桑半島ビジターセンター・津波体験館

提供: saveMLAK
移動先: 案内検索
唐桑半島ビジターセンター・津波体験館
よみ からくわはんとうびじたーせんたー・つなみたいけんかん
所在地 〒988-0554 宮城県気仙沼市唐桑町字崎浜4-3
緯度経度 38° 51' 47.97" N, 141° 40' 20.14" E
電話番号 0226-32-3029
FAX 0226-32-3029
メールアドレス
ウェブサイト http://www.city.kesennuma.lg.jp/icity/browser?ActionCode=content&ContentID=1231286082512&SiteID=0
備考 情報提供協力: インターネットミュージアム
Webサイトは気仙沼市
地図を読み込み中...
近隣施設一覧

被災状況[編集]

最新情報は気仙沼市公式HP [1]

唐桑半島の先端に位置し、津波被害は免れたが、地震の揺れで照明がはずれたり、展示品が床に落ちたりするなどした。(共同通信 4/23)


職員・利用者の被害[編集]

施設の被害[編集]

収蔵品・展示の被害[編集]

その他の被害[編集]

運営情報[編集]

  • 2011年6月3日:東日本大震災 写真展を開催致しております。場所:津波体験館[2]
  • 休館していたが、9日に電気が復旧、4月23に日再開。(共同通信 4/23)
  • 津波被害を記録した写真や映像を集め始め、約2,500枚の写真が集まり、約180枚を展示。[3]
「ここは津波の怖さを広める施設。今まで以上に防災啓発の場にしなくては」。センター事務局長の小松勇次さん(63)は、今回の津波被害を記録した写真や映像を集め始めた。
約2500枚の写真が集まり、約180枚を展示している。小松さんは「被災地として記録を残す使命を感じている」と話し、記録の収集を続ける。 

救援情報[編集]

自由記述[編集]

  • 今回の津波に関する新たな資料は、気仙沼市と協力して集めていく予定とのこと。

「写真や映像を提供してほしい」と呼びかけている。(共同通信 4/23)


情報源[編集]

記入者[編集]

  • ta_niiyan 2011年4月29日 (金) 02:37 (JST)
  • 木下
  • 福田
  • 井戸
  • baronagon 2011年6月17日 (金) 23:54 (JST)

元情報[編集]

Address〒988-0554 宮城県気仙沼市唐桑町字崎浜4-3 +
Comment情報提供協力: インターネットミュージアム
Webサイトは気仙沼市 +
Coordinates38° 51' 47.97" N, 141° 40' 20.14" E緯度: 38.863325
経度: 141.67226
+
Fax0226-32-3029 +
NameYomiからくわはんとうびじたーせんたー・つなみたいけんかん +
Tel0226-32-3029 +
Websitehttp://www.city.kesennuma.lg.jp/icity/browser?ActionCode=content&ContentID=1231286082512&SiteID=0 +