福島県立四倉高等学校

提供: saveMLAK
移動先: 案内検索
福島県立四倉高等学校
よみ ふくしまけんりつよつくらこうとうがっこう
所在地 〒979-0201 福島県いわき市四倉町5-4
緯度経度 37° 6' 44.94" N, 140° 59' 17.03" E
電話番号 0246-32-5111
FAX 0246-32-7131
メールアドレス school【at】yotsukura-h.fks.ed.jp
ウェブサイト http://www.yotsukura-h.fks.ed.jp/
備考 全日制普通科
地図を読み込み中...
「school【at】yotsukura-h.fks.ed.jp」の形式の URI は許可されていません。

被害状況[編集]

職員・利用者の被害[編集]

  • (2011/10/26)3月11日は部活動の生徒と関係者しかおらず、被害としては少なかったとのこと。[1]

施設の被害[編集]

  • (2011/10/26)施設の被害はほとんどなし。[1]

蔵書・収蔵品・展示の被害[編集]

その他の被害[編集]

運営情報[編集]

救援状況[編集]

避難受入情報[編集]

避難受入規模[編集]

  • (2011/10/26)受入人数などの情報は確認取れず。
  • 避難者約904人(2011年3月12日 14:00現在)※再転載(オリジナル:いわき市公式サイト)[4]

その他[編集]

情報源[編集]

記入者[編集]

  • (避難受入情報)baronagon 2012年1月24日 (火) 22:41 (JST)
  • (被害状況受入情報)baronagon 2012年1月3日 (火) 16:03 (JST)
  • (基本データ・被害状況・受入情報)Minori Tomizawa 2011年10月26日 (水) 16:28 (JST)

元情報[編集]

  1. 1.0 1.1 「四倉高校新聞」 第110号第1ページ
    「当日は、入試期間中だったため全生徒はおらず、部活動に来ていた野球部、陸上部、ソフトテニス部の生徒しかいなかった。そのため、被害は少なかったようだ。」
    「すごく長く揺れたが、耐震工事がなされていたので、校舎の被害は、ほとんどなかったことが幸いだった。」
    (2011/7/20発行・掲載、2011/10/26閲覧)
  2. 「四倉高校新聞」 第110号第1ページ
    「3月11日、私たちは千年に一度と言われる未曾有の大地震・津波の被害を受けた。その後、福島原発事故と様々な被害を受けた。そして、学校生活はスタートした。第二体育館と柔剣道場は避難所、四倉中の3年生も本校で学ぶという状況の中で、四高生みんなが「つながる」ことの大切さを実感している。」
    (2011/7/20発行・掲載、2011/10/26閲覧)
  3. 3.0 3.1 四倉中学校だより第1号(PDF)(2011/04/18発行、2012/01/03閲覧)
  4. 福島県いわき市の情報 : 3月12日 14:00現在 いわき市内における避難状況【概数】(転載日2011/03/12 18:09、2012/01/24閲覧) ※オリジナルは「いわき市ホームページ地震・津波情報 避難状況【概数】(Excel形式 36.5KB)」2012年1月9日現在、いわき市サイトに見つからず
福島県立四倉高等学校」に関する事実
Address〒979-0201 福島県いわき市四倉町5-4 +
Comment全日制普通科 +
Coordinates37° 6' 44.94" N, 140° 59' 17.03" E緯度: 37.112484
経度: 140.988065
+
Fax0246-32-7131 +
NameYomiふくしまけんりつよつくらこうとうがっこう +
Tel0246-32-5111 +
Websitehttp://www.yotsukura-h.fks.ed.jp/ +

案内メニュー