• 第108回saveMLAK MeetUpを3月24日(火)に開催します。開催会場と参加者を募集しています。
  • saveMLAKニュースレター(PDF)第62号(2020年2月号)を発行しました。
  • NEW! 2019年台風19号 入力お願い:2019年10月12日以降に接近被害を与えた台風19号の被害の状況などの入力をお願いいたします。被害状況を記入する場合は [[Category:被害/2019年台風19号]] を追記して記述して下さい。
  • NEW! 令和元年台風15号 入力お願い:2019年9月5日に発生した令和元年台風15号の被害の状況などの入力をお願いいたします。被害状況を記入する場合は [[Category:被害/令和元年台風15号]] を追記して記述して下さい。
  • 平成30年北海道胆振東部地震 入力お願い:2018年9月3日に発生した北海道地震の被害の状況などの入力をお願いいたします。被害状況を記入する場合は [[Category:被害/平成30年北海道胆振東部地震]] を追記して記述して下さい。
  • 2018年西日本豪雨 入力お願い:2018年7月西日本における豪雨被害の状況等の入力をお願いします。被害状況を記入する場合は [[Category:被害/2018西日本豪雨]] を追記して記述して下さい。
  • 2018年大阪地震 入力お願い:2018年6月大阪地震の被害の状況等の入力をお願いします。被害状況を記入する場合は [[Category:被害/2018大阪地震]] を追記して記述して下さい。
  • saveMLAK報告会2019 ~社会教育・文化施設の救援・復興支援~を6月23日(日)に開催しました。
  • 安全な開館のために~東北の図書館員からのメッセージ~を公開しました。

「saveMLAK:saveMLAKについて」の版間の差分

提供: saveMLAK
移動先: 案内検索
(「saveMLAK:SaveMLAKについて」の保護レベルを変更しました ([edit=autoconfirmed] (無期限) [move=sysop] (無期限)))
(相違点なし)

2011年4月17日 (日) 14:03時点における版

このサイトは、savelibrarysavemuseumsavearchivessavekominkanの各サイトを集約したものです。情報の大部分は、多数の有志によって更新されています。

運営者

saveMLAKは、博物館、図書館、文書館、公民館の関係者や支援者等の有志によって構成されるsaveMLAKプロジェクトが運営しています。

現状では、岡本真(ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) 編集長)が個人としてプロジェクトリーダーを務めており、最終的な管理責任は岡本にあります。ただし、岡本の記名がある以外の情報の大部分は、上記の通り多数の有志によって更新されています。 全体的な連絡・照会等は岡本までarg.editor@gmail.comまで、急ぎの際は070-5467-7032までお願いします。

有志一覧(記入順):

  • 岡本真(ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) 編集長、国立情報学研究所 産学連携研究員、東京大学 工学系研究科 研究員、早稲田大学 ITバイオ・マイニング研究所 招聘研究員)
  • 高久雅生(物質・材料研究機構 主任エンジニア、情報知識学会 理事)
  • 山村真紀(ミュージアム・サービス研究所 主宰、日本ミュージアム・マネージメント学会 幹事、アート・ドキュメンテーション学会 幹事)
  • ふじたまさえ(Code4Lib JAPAN事務局)

※基本的に全員個人としての立場で参画しています。

ロゴ

saveMLAKのロゴは、渡辺ゆきのさんに提供していただきました。

saveMLAK-400x312.png

リンクを希望される方はバナー(リンクをされる方へ)をご覧ください。

このマスコットキャラクターはMLAK(ムラック)くんと言います。

サーバ

savemlak.jpのサーバは、田辺浩介(合同会社次世代図書館システム)の協力のもとに提供されています。