• 第108回saveMLAK MeetUpを3月24日(火)に開催します。開催会場と参加者を募集しています。
  • saveMLAKニュースレター(PDF)第62号(2020年2月号)を発行しました。
  • NEW! 2019年台風19号 入力お願い:2019年10月12日以降に接近被害を与えた台風19号の被害の状況などの入力をお願いいたします。被害状況を記入する場合は [[Category:被害/2019年台風19号]] を追記して記述して下さい。
  • NEW! 令和元年台風15号 入力お願い:2019年9月5日に発生した令和元年台風15号の被害の状況などの入力をお願いいたします。被害状況を記入する場合は [[Category:被害/令和元年台風15号]] を追記して記述して下さい。
  • 平成30年北海道胆振東部地震 入力お願い:2018年9月3日に発生した北海道地震の被害の状況などの入力をお願いいたします。被害状況を記入する場合は [[Category:被害/平成30年北海道胆振東部地震]] を追記して記述して下さい。
  • 2018年西日本豪雨 入力お願い:2018年7月西日本における豪雨被害の状況等の入力をお願いします。被害状況を記入する場合は [[Category:被害/2018西日本豪雨]] を追記して記述して下さい。
  • 2018年大阪地震 入力お願い:2018年6月大阪地震の被害の状況等の入力をお願いします。被害状況を記入する場合は [[Category:被害/2018大阪地震]] を追記して記述して下さい。
  • saveMLAK報告会2019 ~社会教育・文化施設の救援・復興支援~を6月23日(日)に開催しました。
  • 安全な開館のために~東北の図書館員からのメッセージ~を公開しました。

「田村市 滝根町 星の村天文台」の版間の差分

提供: saveMLAK
移動先: 案内検索
(基本データ(備考-プラネタリウム館)記入。)
 
19行目: 19行目:
  
 
==== 3月12日 ====
 
==== 3月12日 ====
* ドームも支障をきたした 望遠鏡メーカーも地震の想定はしていたもののそれ以上の考えられない震度 この不運な状況は皆様にも隠すことなく知っていただきたく共有のものとして下さい しばらくは立ち寄らないで自宅待機 これらが落ち着いたら天文台の被害状況を見学に来ませんか 冗談抜きでこの惨状を見ておいてほしい
+
* ドームも支障をきたした望遠鏡メーカーも地震の想定はしていたもののそれ以上の考えられない震度この不運な状況は皆様にも隠すことなく知っていただきたく共有のものとして下さい しばらくは立ち寄らないで自宅待機これらが落ち着いたら天文台の被害状況を見学に来ませんか 冗談抜きでこの惨状を見ておいてほしい
 
* 望遠鏡がひっくりかえり大破
 
* 望遠鏡がひっくりかえり大破
  
 
== 運営情報 ==
 
== 運営情報 ==
 +
==== 9月3,10,17,24日 ====
 +
「災害地でも綺麗な星空がある!星空観察会」19:00-21:00開催 <ref name="hp01">公式HP http://www.city.tamura.lg.jp/ta_hosihomura/ta_tenmondai_topu.jsp </ref>
 +
 +
* 臨時休館のお知らせ: しばらくの期間毎週火曜日と水曜日が休館日
 +
* 望遠鏡の復旧にはほぼ1年の年月を要します。その間居残った望遠鏡と台長の望遠鏡を使用し夜間公開を行うこととしました。またプラネタリウムの機器も合わせてダメージを受けていますが公開しております。しかし、これらの機材の調整などを含め時には臨時休館を急遽させていただきます。<ref name="hp01">公式HP http://www.city.tamura.lg.jp/ta_hosihomura/ta_tenmondai_topu.jsp </ref>
 +
 
==== 4月28日 ====
 
==== 4月28日 ====
 
4月29日より営業を一部再開:公式HP: http://www.city.tamura.lg.jp/ta_hosihomura/ta_tenmondai_topu.jsp
 
4月29日より営業を一部再開:公式HP: http://www.city.tamura.lg.jp/ta_hosihomura/ta_tenmondai_topu.jsp

2011年8月22日 (月) 22:50時点における最新版

田村市 滝根町 星の村天文台
よみ たむらし たきねまち ほしのむらてんもんだい
所在地 〒963-3602 福島県田村市滝根町神俣字糠塚60−1
緯度経度 37° 20' 30.63" N, 140° 40' 33.40" E
電話番号 0247-78-3638
FAX 0247-78-3658
メールアドレス takine-tenmondai[at]city.tamura.lg.jp
ウェブサイト http://www.city.tamura.lg.jp/ta hosihomura/ta hosinomura.jsp
備考 プラネタリウム館を併設。
地図を読み込み中...
近隣施設一覧
「takine-tenmondai[at]city.tamura.lg.jp」の形式の URI は許可されていません。

被害状況[編集]

職員の被害[編集]

人的被害はありません 自宅から避難するように指示

施設の被害[編集]

3月12日[編集]

  • ドームも支障をきたした望遠鏡メーカーも地震の想定はしていたもののそれ以上の考えられない震度この不運な状況は皆様にも隠すことなく知っていただきたく共有のものとして下さい しばらくは立ち寄らないで自宅待機これらが落ち着いたら天文台の被害状況を見学に来ませんか 冗談抜きでこの惨状を見ておいてほしい
  • 望遠鏡がひっくりかえり大破

運営情報[編集]

9月3,10,17,24日[編集]

「災害地でも綺麗な星空がある!星空観察会」19:00-21:00開催 [1]

  • 臨時休館のお知らせ: しばらくの期間毎週火曜日と水曜日が休館日
  • 望遠鏡の復旧にはほぼ1年の年月を要します。その間居残った望遠鏡と台長の望遠鏡を使用し夜間公開を行うこととしました。またプラネタリウムの機器も合わせてダメージを受けていますが公開しております。しかし、これらの機材の調整などを含め時には臨時休館を急遽させていただきます。[1]

4月28日[編集]

4月29日より営業を一部再開:公式HP: http://www.city.tamura.lg.jp/ta_hosihomura/ta_tenmondai_topu.jsp

4月23日[編集]

3月12日[編集]

  • 現状では復帰させる見通しがつかないのでしばらくはこの状況を持続する予定
  • 当分休館

救援状況[編集]

自由記述[編集]

8410hiroさんYoutube動画[2]: 東日本大震災 直後の天文台の様子と私たちのうごき4月16日投稿 東日本大震災遭遇と復興メッセージ 3月24投稿

情報源と記入者[編集]

  • 福澄孝博@JAPOS副会長 伝聞 JAPOS会員ML(情報入力日: 2011/3/12)
  • 友田ユキ@天文教育普及研究会 施設への直接連絡で聞いた WEBhttp://www10.ocn.ne.jp/~space84/ (情報入力日: 2011/3/12)

--伯堂 2011年4月29日 (金) 01:54 (JST)

Address〒963-3602 福島県田村市滝根町神俣字糠塚60−1 +
Commentプラネタリウム館を併設。 +
Coordinates37° 20' 30.63" N, 140° 40' 33.40" E緯度: 37.341841
経度: 140.675945
+
Fax0247-78-3658 +
NameYomiたむらし たきねまち ほしのむらてんもんだい +
Tel0247-78-3638 +
Websitehttp://www.city.tamura.lg.jp/ta hosihomura/ta hosinomura.jsp +