日本現代詩歌文学館

提供: saveMLAK
移動: 案内, 検索
日本現代詩歌文学館
よみ にほんげんだいしいかぶんがくかん
所在地 〒024-8503 岩手県北上市本石町2丁目5-60
緯度経度 39.2929 北, 141.114521 東
電話番号 0197-65-1728
FAX 0197-64-3621
メールアドレス
ウェブサイト http://www.shiikabun.jp/
備考 情報提供協力: インターネットミュージアム
地図を読み込み中...
近隣施設一覧

目次

[編集] 被災状況

[編集] 職員・利用者の被害

[編集] 施設の被害

  • 大きな被害なし[1]

[編集] 収蔵品・展示の被害

[編集] その他の被害

[編集] 運営情報

  • 4月9日より通常通り開館[2]
  • 5月21日(土)に予定していた第26回 詩歌文学館賞贈賞式の開催日は、2011年10月8日(土)に変更[3]

[編集] 救援情報

[編集] 自由記述

  • 「平成24年度常設展『未来からの声が聴こえる 2011.3.11と詩歌』」[4]
    • 会期 2012年3月15日(木)~2013年3月上旬まで 9:00~17:00
    • 展示テーマ 
      平成23年3月11日、三陸沖で発生した巨大な地震は、東北・関東地方一帯に甚大な被害をもたらし、とりわけ岩手、宮城、福島三県の太平洋沿岸において、津波による多くの犠牲者を出しました。
      自然の圧倒的な力を前にしたとき、私たちはことばを失いました。しかし、失われたものを思い、今日を生き、明日に向かうとき、私たちにはやはりことばが必要でした。震災以降、各メディアに多くの詩歌作品が発表されています。それは、無数の人々の言外の思いをすくい取るものでもあるでしょう。
      未曾有の大きな災害において、詩歌は何をどのように切り取り、語り、描いたか。こうした事態に詩歌はいかにあり得るのか――そうした思いを基底に持ちつつ、詩歌愛好者はもとより、広く一般市民や岩手を訪れる人々にも向け、東日本大震災に際して作られた詩歌作品を、作者の息遣いを湛えた自筆で紹介します。
    • 展示内容
      • 東日本大震災に際しての詩歌人51名による直筆作品
      • 過去の震災に際しての物故作家の詩歌作品の文字パネル展示
      • 被災地の写真、震災を象徴するオブジェ、来場者参加のインスタレーション
      • 鉄道に関するインスタレーション
  • (2012-03-26 河北新報) [5]
    「東日本大震災に関する詩、短歌、俳句、川柳を集めた常設展「未来からの声が聴こえる-2011.3.11と詩歌」が、岩手県北上市の日本現代詩歌文学館で開かれている。 被災した岩手、宮城、福島3県をはじめ、全国の詩人、歌人、俳人らが計56点を出品。震災による喪失感や無力感、原発事故に対する怒り、復興への願いなど、さまざまな思いが直筆で書かれ、作者のメッセージも添えられている。」

[編集] 情報源

[編集] 記入者

[編集] 元情報

  1. 日本現代詩歌文学館お知らせ(2011/03/27掲載)
  2. 日本現代詩歌文学館お知らせ(2011/04/12掲載)
  3. 日本現代詩歌文学館お知らせ(2011/04/12掲載、2011/05/29閲覧)
  4. 平成24年度常設展 未来からの声が聴こえる 2011.3.11と詩歌(2012/03/26閲覧)
  5. 河北新報 東北のニュース/震災への思い詩歌に込める 北上の文学館展示(2012/03/26閲覧)
日本現代詩歌文学館 に関する事実RDFフィード
Address〒024-8503 岩手県北上市本石町2丁目5-60
Comment情報提供協力: インターネットミュージアム
Coordinates39.2929 北, 141.114521 東緯度:39.2929
経度:141.114521
+
Fax0197-64-3621 +
NameYomiにほんげんだいしいかぶんがくかん
Tel0197-65-1728 +
Websitehttp://www.shiikabun.jp/ +
個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール
コミュニケーション
Google Translate