宮城県公文書館

提供: saveMLAK
移動: 案内, 検索
宮城県公文書館
よみ みやぎけんこうぶんしょかん
所在地 〒981-3205 宮城県仙台市泉区紫山一丁目1番1号 宮城県図書館2階西側
緯度経度 38.346041 北, 140.838565 東
電話番号 022-341-3231
FAX 022-341-3233
メールアドレス koubun [アット] pref.miyagi.jp
ウェブサイト http://www.pref.miyagi.jp/koubun/
備考
地図を読み込み中...
近隣施設一覧

目次

[編集] 被害状況

[編集] 職員・利用者の被害

[編集] 施設の被害

  • ガラス破損(131枚)、積層書庫内エレベーター故障、書架破損(多数)、防火扉故障(2箇所)、ブラインド破損(多数)、内壁・外壁ひび割れ(多数)、床隆起(数箇所) [1]
  • 3月11日の大震災ではガラスが120枚も割れ、4月7日晩の地震ではさらに数枚のガラスが割れた。また、書架を壁に固定しているボルトがはずれたり、書架フレームが大きくゆがんだり、また、建物のクラックがひどくなったりするなどの被害があったが、その後の余震では特に被害はない。[2]

[編集] 所蔵資料の被害

  • 簿冊落下(約3万冊)、簿冊破損(5-600点、修復可能) [1]
  • 書架の8割が倒壊して、書籍が散乱している状態。[3]

[編集] その他の被害

  •  再開館に向けての準備をすすめている。先週からガラスの入替え工事が始まった。書架その他の復旧工事については、業者から見積りを取ったが、予算確保については、これからの課題。(記述は参照した情報の日付(2011年4月14日)のもの)[2]


[編集] 運営情報

  • 2011年5月16日(月)開館 [1]
  • 「公文書館だより(第18号)」発行 掲載内容に被災状況あり(4.29閲覧 追記@artemismarch)
    • 当館でも所蔵資料42,179冊の内、約七割の公文書、行政資料が書架より落下し、ガラスも100枚以上割れるなど、甚大な被害を被る。3月12日より復旧作業に取り組むも、4月7日の余震で再度被害、5月16日にむけて復旧作業を進めていたとのこと。[4]

[編集] 救援状況

[編集] その他

  • ライフラインは復旧している。[3]
  • 2013年4月より宮城県図書館に移転して開館。

 収蔵資料の増加と建物被害による。

 移転のため2012年10月より閉館。

 移転先住所 仙台市泉区紫山1-1-1(宮城県図書館内2階西側)

 ソースはHPなど Artemismarchトーク

[編集] 情報源

[編集] 記入者

  • bouvardia 2011年8月15日 (月) 11:56 (JST)
  • 後藤真 M-goto 2011年8月15日 (月) 23:11 (JST)
  • @artemismarch Artemismarch 2011年5月9日 (月) 22:30 (JST)

[編集] 元情報

  1. 1.0 1.1 1.2 「全国公文書館における東日本大震災の被災状況と対応」
  2. 2.0 2.1 全史料協第九報
  3. 3.0 3.1 * 全国歴史資料保存利用機関連絡協議会東北地方太平洋沖地震における全史料協機関会員の安否確認情報 平成23年3月25日付 第七報(回答:宮城県公文書館 川名さん)
  4. 「公文書館だより(第18号)」(宮城県)

[編集] 情報の最終確認

  • 2011/8/15
宮城県公文書館 に関する事実RDFフィード
Address〒981-3205 宮城県仙台市泉区紫山一丁目1番1号 宮城県図書館2階西側
Coordinates38.346041 北, 140.838565 東緯度:38.346041
経度:140.838565
+
Fax022-341-3233 +
NameYomiみやぎけんこうぶんしょかん
Tel022-341-3231 +
Websitehttp://www.pref.miyagi.jp/koubun/ +
Emailこのプロパティはこのウィキ内の特別なプロパティです。
個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール
コミュニケーション
Google Translate