大崎市立古川第一小学校

提供: saveMLAK
移動: 案内, 検索
大崎市立古川第一小学校
よみ おおさきしりつふるかわだいいちしょうがっこう
所在地 〒989-6152 宮城県大崎市古川二ノ構7番67号
緯度経度 38.5781768 北, 140.9535524 東
電話番号 0229-22-2082
FAX 0229-22-2082
メールアドレス osaki_furukawa1[at]educ.osaki.miyagi.jp
ウェブサイト http://www.educ.osaki.miyagi.jp/fd1/
備考 活動紹介ブログ
地図を読み込み中...
近隣施設一覧

目次

[編集] 被害状況

[編集] 職員・利用者の被害

[編集] 施設の被害

[編集] 蔵書・収蔵品・展示の被害

[編集] その他の被害

[編集] 運営情報

[編集] 救援状況

[編集] 避難受入情報

[編集] 避難受入規模

[編集] その他

[編集] 情報源

[編集] 記入者

  • Masao 2011年10月2日 (日) 18:08 (JST)
  • Lomolib 2011年6月19日 (日) 16:37 (JST)
  • @ask_w

[編集] 元情報

  1. 河北新報ニュース (9)古川一小(大崎市)/木造校舎と別れ惜しむ - 大崎市中心部に位置する古川一小。震災当日まで約80年間使用されてきた木造の北校舎、南校舎の解体が進む。北校舎は8月に、南校舎は9月12日に作業が始まった。多くの子どもが思い出を刻んだ学びやは、11月に姿を消す。  北校舎は1929年(昭和4年)、南校舎はその2年後にそれぞれ完成した。市内に残る木造校舎は鹿島台小(1956年完成)を含め3棟だけ。最も古い古川一小の2棟は、激しい揺れの直撃を受けた。  耐震工事を施していた校舎は傾き、土壁やしっくいが崩れ、窓ガラスが廊下に散乱。立ち入り禁止にした後も、度重なる余震で黒板が落ちるなど被害が広がった。(…中略…) 震災後は体育館が避難所になったが、4月には鉄筋コンクリート3階の中央校舎や体育館で新年度の授業がスタート。7月に南校舎の隣にプレハブ校舎が完成し、2~5年生が移った。早坂教頭は「過酷な環境が解消され、子どもは落ち着いた」と話す。  プレハブ校舎は2年間のリース。北校舎の跡地に新校舎が建つまで使う。学校は古川城跡にあるため、建設工事前に文化財発掘調査も行われる。北校舎は既にシートで覆われ、解体中だ。 (2011年09月22日掲載, 2011/10/02閲覧)
大崎市立古川第一小学校 に関する事実RDFフィード
Address〒989-6152 宮城県大崎市古川二ノ構7番67号
Comment活動紹介ブログ
Coordinates38.5781768 北, 140.9535524 東緯度:38.5781768
経度:140.9535524
+
Fax0229-22-2082 +
NameYomiおおさきしりつふるかわだいいちしょうがっこう
Tel0229-22-2082 +
Websitehttp://www.educ.osaki.miyagi.jp/fd1/ +
Emailこのプロパティはこのウィキ内の特別なプロパティです。
個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール
コミュニケーション
Google Translate