釧路市立博物館

提供: saveMLAK
移動先: 案内検索
釧路市立博物館
よみ くしろしりつはくぶつかん
所在地 085-0822 北海道釧路市春湖台1-7
緯度経度 42° 58' 28.42" N, 144° 24' 12.04" E
電話番号 0154-41-5809
FAX 0154-42-6000
メールアドレス museum(at)city.kushiro.lg.jp
ウェブサイト http://www.city.kushiro.lg.jp/museum/
備考 情報提供協力: インターネットミュージアム
地図を読み込み中...
近隣施設一覧
「museum(at)city.kushiro.lg.jp」の形式の URI は許可されていません。

被災状況[編集]

揺れを感じたものの被害はなし。

職員・利用者の被害[編集]

なし

施設の被害[編集]

なし

収蔵品・展示の被害[編集]

なし

その他の被害[編集]

なし

運営情報[編集]

翌3月12日(土)の「学芸員トーク」、20日(日)に延期。開館は平常どおり。

平成23年度の震災関連の展示、講演会、観察会など。

  • 観察会「巨大カキ礁と巨大津波痕跡を巡る観察会」平成23年8月12日(金)
  • 学芸員トーク(第1回)「博物館被災標本レスキューの記録」平成24年2月18日(土)
  • 企画展「3・11東日本大震災から1年~釧路と地震災害~」平成24年2月18日(土)~4月8日(日)
  • 企画展関連事業「津波のしくみを見てみよう」平成24年3月11日(日)

釧路市立博物館報 №409(2012.3)

  • 釧路市における地震・津波痕跡(澤田 恭平):p3-5
  • 大震災をその身に受けて(安達 真理子、澤田 恭平):p6-7

釧路市立博物館報 №410(2012.9) http://www.city.kushiro.lg.jp/museum/oshirase/kanhou410.html

  • 3・11の記憶を絵に残す(中塚 美恵子):p3-5
  • 企画展を終えて(戸田 恭司):p6
 ※企画展「東日本大震災から1年~釧路と地震災害」(2012年2月18日~4月8日)

救援情報[編集]

自由記述[編集]

  • 企画展「3・11東日本大震災から1年~釧路と地震災害~」では、釧路における津波の被害を記録画にして残された、中塚美恵子さんの作品などを展示しました(企画展開催期間の入館者数約1,500名)。
  • 職員、来館者に一分間の黙とうを呼びかけ(2012年3月11日14:46~)、釧路市立博物館を含む釧路市内の公共施設すべてで実施。

情報源[編集]

  • 記入者を含む博物館職員が施設資料を確認。

記入者[編集]

  • 釧路市立博物館 土屋 慶丞

元情報[編集]

  • 釧路にも最大2.1mの津波が繰り返し押し寄せて住民が避難。港や橋、道路などの交通網や公共施設に大きな被害がありました。
釧路市立博物館」に関する事実
Address085-0822 北海道釧路市春湖台1-7 +
Comment情報提供協力: インターネットミュージアム +
Coordinates42° 58' 28.42" N, 144° 24' 12.04" E緯度: 42.9745621
経度: 144.4033452
+
Fax0154-42-6000 +
NameYomiくしろしりつはくぶつかん +
Tel0154-41-5809 +
Websitehttp://www.city.kushiro.lg.jp/museum/ +