いわき市立永崎小学校

提供: saveMLAK
移動先: 案内検索
いわき市立永崎小学校
よみ いわきしりつながさきしょうがっこう
所在地 〒970-0315 福島県いわき市永崎字川畑207
緯度経度 36° 57' 19.44" N, 140° 56' 13.94" E
電話番号 0246-55-7044
メールアドレス
ウェブサイト http://www.nagasaki-e.fks.ed.jp/
備考
地図を読み込み中...
近隣施設一覧…その他の結果

被害状況[編集]

職員・利用者の被害[編集]

  • 「地震後 すぐに先生方と連絡を取りながら生徒たちと洋光台に避難したとか。幸い生徒の死者、行方不明なし。」[1]

施設の被害[編集]

  • (2011-11-27 福島民報) 「翌日、津波が引いた校舎を確認すると、1階部分に約1メートル50センチの波の跡があった」[2]
  • 「被害大」[3][4]
    津波により校舎1階水没、学校備品の損失

蔵書・収蔵品・展示の被害[編集]

  • 「永崎小学校は、先の震災で学校の一階部分が津波で流されてしまった学校。そのため、校舎一階にあった図書館にあった低学年向けの本が丸ごと浸水」[5]

その他の被害[編集]

運営情報[編集]

  • 2011年3月14日から2012年3月31日まで永崎小を江名小に機能移転(津波による被害大)。2012年4月1日より、永崎小再開(復旧予定)[3][4]

救援状況[編集]

  • (2011掲載日不明 日本ユニセフ協会) 移動書架の寄贈[6] 
    「リクエストがあったのは、移動式の書架です。両方の小学校とも全国からたくさんの図書を寄贈していただいたそうですが、それを整理して子どもたちが各教室で移動させて読むために、移動式の書架は最適でした。この他それぞれ、修学旅行などの課外学習費や、折り畳み椅子、金庫などの備品のリクエストをいただいており、現在物資調達を進めています。」
  • (2011-09-27 港区エリアマム) 図書室用机の寄贈[7][8]
    「いわき市地元での購入にて、リクエストのあった図書室の机まわり(永崎小学校)・・・を寄贈致しました。」
  • (2011-06-10 みんなともだちプロジェクト) 絵本100冊とブックコートの寄贈 [9]
    「永崎小学校に絵本100冊とブックコートフィルム一式をお届けしてきました。」
  • (2011-05-16 KIBONプロジェクト) 本の寄贈 [5]
    「小学校低学年向けの本をダンボール二箱分(約75冊)」を5月11日に贈ってきました。

避難受入情報[編集]

避難受入規模[編集]

その他[編集]

情報源[編集]

記入者[編集]

  • Masao 2012年5月6日 (日) 10:55 (JST)
  • Masao 2012年1月2日 (月) 11:17 (JST)

元情報[編集]

...「いわき市立永崎小学校」についてさらに詳しく
〒970-0315 福島県いわき市永崎字川畑207 +
36° 57' 19.44" N, 140° 56' 13.94" E緯度: 36.9553996
経度: 140.9372047
+
いわきしりつながさきしょうがっこう +
0246-55-7044 +