• NEW! saveMLAKのWebサイトは、メンテナンス作業のため、2018年10月7日(日)の13時~18時(予定)にかけて一時停止します。
  • NEW! 平成30年北海道胆振東部地震 入力お願い:2018年9月3日に発生した北海道地震の被害の状況などの入力をお願いいたします。被害状況を記入する場合は [[Category:被害/平成30年北海道胆振東部地震]] を追記して記述して下さい。
  • NEW! 2018年西日本豪雨 入力お願い:2018年7月西日本における豪雨被害の状況等の入力をお願いします。被害状況を記入する場合は [[Category:被害/2018西日本豪雨]] を追記して記述して下さい。
  • 2018年大阪地震 入力お願い:2018年6月大阪地震の被害の状況等の入力をお願いします。被害状況を記入する場合は [[Category:被害/2018大阪地震]] を追記して記述して下さい。
  • NEW! saveMLAKニュースレター(PDF)第56号(2018年8月号)を発行しました。
  • 安全な開館のために~東北の図書館員からのメッセージ~を公開しました。
  • 第92回saveMLAK MeetUpを10月19日(金)に開催します。開催会場と参加者を募集しています。
  • 第93回saveMLAK MeetUpを11月20日(土)に開催します。開催会場と参加者を募集しています。

あなたの撮った貴重な写真が永く利用されるために

提供: saveMLAK
移動先: 案内検索

The photo you have taken could be very valuable in the future![編集]

今次の大震災にあたり、多くの方々が被災や復興のすがた、あるいは被災前の風景などを画像や映像で記録し、ネット上で公開しておられます。 こうした活動は、いまの状況を人々に広く伝えると同時に、後からは二度と得ることのできない貴重な資料として後の世代に伝えるという価値も持っています。

近い、あるいは遠い将来、出版物やウェブサイトを作る人が、当時の状況を伝える記録として、あなたの資料を使いたいと望むかもしれません。たとえば、写真1枚といえども著作権がありますから、使うにはあなたの許諾が必要です。

そうした申し出があれば、そもそも自分の画像や映像をネットで広く公開されたあなたは、よろこんで許諾されるのではないでしょうか。

しかし何年後かも何十年後かもしれないその時、確実にあなたに連絡がつく保障はありません。

しかし、画像や映像をネットにアップされるとき、少しの手間をかけていただくことで、出版物などへの「二次使用」が簡単に行え、結果的にあなたの写真が利用される可能性を拡げることができます。

ライセンス表示をしましょう![編集]

さて、将来あなたの作品を誰かが簡単に利用するためには、記録をネットで公開する時に利用条件、つまり「ライセンス」を表示しておくことが必要です。

【方法その1】自分で表示[編集]

写真をアップする時に、サイト(ブログのプロフィール欄など)や画像や映像一つひとつのキャプションに条件を書いておけば、利用したい人はそれに従って利用できます。

例: 「この写真は次のクレジット表示をしていただく条件で、転載自由です。撮影:○○○○ URL:×××××」 「転載不可」 ... etc

【方法その2】クリエイティブ・コモンズ・ライセンスを表示[編集]

「クリエイティブ・コモンズ」という団体が決めているライセンスがあります。そのマークを自分のブログや写真に表示しておけば、利用したい人はそれに従って利用できます。

ライセンスの一例:〈CC BY〉のアイコン作成ページへのリンク

このようなアイコンは次のサイトで作成してくれます: 「あなたの作品にライセンスを付与する」[1]

さらに詳しくはこちらをご覧ください: 「クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは」[2]

※なおFlickrウィキメディア・コモンズなどのサイトは、自分が選んだライセンスを表示する機能を持っています。このようなサイトを使うのも一つの方法です。

これから写真を提供してくれようとしている方は[編集]

flickrで、写真を集めることをはじめています。詳しくは「Photo archives」のページを参照してください。

ところで「営利」「非営利」って?[編集]

神戸大学震災文庫の例です。何人かの資料提供者の方々からは「非営利であれば問い合わせなく利用していただいて構わない」との許可を得ています。

しかし「営利」「非営利」とは何を指すのでしょうか? 例えば自治体主催だが説明は私企業が行う耐震建築のセミナーに使いたいというような希望もあり、主催者は「自治体だから非営利」と考えているようですが、資料提供者によってはこの場合は「営利」と規定している方もいます。

使用料が支払われないのだから「営利企業に使ってほしくない」と考える気持ちは分かるのですが、営利かどうかの判断が難しい場合も多く、たとえそれが直接的に利潤を目的としたものでないとしても、「非営利のみ可」という条件があることによって結局利用しにくくなってしまうのが実情です。

ですので、クレジットをつける際には、作成者のクレジットさえ明示すれば「営利」「非営利」を問わず使用できるようにすることを推奨したいと思います。

案内メニュー