saveMLAK:プロボノ

提供: saveMLAK
2012年3月6日 (火) 12:05時点におけるT.kawakami (トーク | 投稿記録)による版 (新規作成)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

プロボノとは

  • プロボノ(pro bono)とはラテン語で「公共善のために」を意味するpro bono publicoの略。
  • プロボノは、各分野の専門家が職業上持っている知識・スキルや経験を活かして社会貢献するボランティア活動全般、または、それに参加する専門家自身を指します。
(Wikipediaより)

saveMLAKとプロボノ

  • saveMLAKでは、活動当初より被災地への直接・間接の支援にあたる博物館・美術館、図書館、文書館、公民館(MLAK)の運営に関する専門技能を持つボランティアの登録を受付けており、現地でのヒアリングや関係者からの要請に基づき現地とプロボノの仲介を行っております。

saveMLAKプロボノ登録フォーム

  • saveMLAKでのプロボノ登録は、以下のフォームより受付けております。


専門技能ボランティア(プロボノ)登録フォーム


プロボノ活動実績

区分 活動・支援先 活動時期・期間 活動概要 人数
仲介 岩手県立高田高等学校図書館 2011年4月 不足図書寄贈に関し学校図書館有志との仲介
紹介 東松島市図書館 2011年4月 図書の装備
仲介 岩手県立博物館 2011年5月17日 午後 植物標本の応急処置作業 1名
仲介 東北学院大学図書館 2011年6月27日~7月1日 書庫配架作業 14名
仲介 東北学院大学博物館 2011年9月6日, 9月8日 民俗資料の状態調査・クリーニング・写真撮影・収蔵庫への運搬作業 3名
仲介 南三陸町仮設図書館の開館支援 2011年9月23日~25日 図書館新規開館に関わる各種作業 7名
仲介 宮城歴史資料保全ネットワーク 2011年11月14日~18日, 2011年12月16日 津波浸水文書資料への応急処置 のべ7名
仲介 宮城歴史資料保全ネットワーク 2011年12月18日 石巻文化センター文献資料室図書資料の応急処置 1名
仲介 南三陸町仮設図書館の開館支援 2011年12月24日, 2012年1月14日, 1月29日~30日 図書館運営に関わる各種作業 のべ11名
仲介 名取市図書館子ども図書室 2012年1月4日~5日 図書館新規開館に関わる各種作業 2名