だれでも・どこでも Q&A図書館

提供: saveMLAK
daredokoから転送)
移動: 案内, 検索


この取り組みはいったん終了しました. 各位のご支援ご協力に感謝いたします.

  • 「だれでも・どこでもQ&A図書館」による質問受付と回答の一時停止
    • 「だれどこ」の活動については、いったん凍結いたします。
    • 「回答団の体制は残したい」とのご意見を頂いていることから、「次」への備えとして回答団の名簿は保管しています。
    • 図書館による支援の必要が生じた際には、改めてご連絡いたしますので、ぜひご協力をお願いいたします。
  • 回答団MLの解散
    • 当面は質問受付がないことから、4月30日にいったん回答団MLを解散しました。
    • 回答団及び事務局の多くは、saveMLAKのMLへ移行しています。
  • 今後の活動
    • 「次」があった際に、情報による支援をもっと一般的に取り組めるよう、そして「図書館(員)に聞けば何か調べてもらえる」という信頼感を築くために、まず身近なところであるsaveMLAKのMLなど質問に応えていくことからリスタートします(回答団は図書館の人に限りません)。
その質問、代わりに答えます!
「だれでも・どこでも Q&A図書館」
~史上最大のレファレンスサービス~


図書館は、「情報の力」で最大限の支援を行います

2011年3月11日(金)14時46分18秒 東日本大震災 発生
その衝撃は大きく、今も日本全体に影響を与え続けています。
被災した文化施設は数知れず、図書館では 書架の倒壊、資料の落下、施設の倒壊など、これまで想像もできなかった非常事態に直面しています。
そんな厳しい状況の中、世界中のライブラリアンやキュレーターに見守られつつ、「人々に資料と施設と情報を提供する」ためにそれぞれの文化施設の職員が それぞれの立場で復旧のために戦っています。
今、この時、私たちに何ができるのか? 幸いにも無事であった図書館にできること、それは 自館の資料と図書館員の知識で、被災地を支えることだと考えます。


被災地からの質問・レファレンス依頼は
「だれでも・どこでも Q&A図書館」へ!

被災地の図書館をはじめとする文化施設は今、レファレンスサービスどころではありません。ならば、質問やレファレンス依頼は「だれでも・どこでも Q&A図書館」が引き受けます。図書館員はじめ多くの人々の知識が、ネットワークの向こう側で待っています。


レファレンスの受付は終了しました

[レファレンスの受付は終了しました]


  • レファレンスを依頼いただくにあたって
依頼から回答までの簡単な流れや、レファレンス依頼のあった質問と回答の一部を掲載しています。
詳細はこちら


  • 当レファレンスサービスの受付対象 ※法人・公共機関・個人を含みます。
  • 被災地における図書館
  • 被災地の方
  • 被災地でボランティア活動をされている方
  • 被災地から避難をされている方
※当初、図書館からの質問のみを受付としておりましたが、回答団の人数確保など受け入れ態勢が整いましたので2011年6月15日に法人・公共機関・個人へ拡大しました。


  • 受付期間
2012年4月4日をもって受け付けを終了しました。
 ※状況により再開する可能性があります
  • 利用料金
だれでも無料で利用することができます。

無事だった図書館員の皆さま、
力と知識をお貸しください。

ボランティアで回答にご協力いただける皆さま=“回答団”の募集は終了しました



”回答団”の登録受付は終了しました

[回答団と事務局員の登録フォームは閉鎖しました]


  • 回答団へ登録いただくにあたって
依頼から回答までの簡単な流れや、登録いただく情報の取り扱いついて掲載しています。
詳細はこちら


  • 回答団の方
回答システムや回答の流れを掲載しています。
回答団の方はこちら


回答団登録数(2012年4月4日 現在)
個人:60名(事務局との重複含む)
機関:4機関


当プロジェクトにおけるレファレンスサービス

何かを知りたい、こういう本が読みたいけど、ある?
というあなたの質問に回答団が無料でお答えするサービスです。
MLAK(※)が持つ本、雑誌、史料やデータベースなどを駆使し、あなたのご要望にマッチした情報をお伝えします。
※MLAK:博物館・美術館(M)、図書館(L)、文書館(A)、公民館(K)


発起人

国立国会図書館レファレンス協同データベースサポーター有志

賛同者 ※五十音順

レファレンス協同データベースサポーター有志
  • 江草 由佳(国立教育政策研究所)
  • 岡本 真(アカデミック・リソース・ガイド株式会社)
  • 進藤 つばら(東京都立中央図書館)
  • 高久 雅生(物質・材料研究機構 科学情報室)
  • 林 賢紀(農林水産研究情報総合センター)
  • 宮川 陽子(福井県立図書館)


レファレンス協同データベース企画協力員
  • 齊藤 誠一(千葉経済大学短期大学部ビジネスライフ学科准教授)


その他
  • 井上 昌彦(関西学院聖和短期大学図書館)
  • 高辻 亜由美(奈良県立図書情報館)
  • 豊田 高広(田原市図書館)
  • 中山 美由紀(東京学芸大学附属小金井小学校)
  • 外崎 みゆき(関東学院大学図書館)


協力者 ※ご協力者拡大中です。※五十音順

法人
  • OCLC Inc.
  • 株式会社 紀伊國屋書店
  • 社団法人 日本図書館協会


プロジェクト等
  • 東京学芸大学 学校図書館運営専門委員会司書部会

よくある質問と回答

レファレンスを依頼される方、回答団へご協力いただける方、回答団の方向けのよくある質問と回答を掲載しています。
※レファレンス依頼のあった質問と回答の一部は、[ レファレンス事例 ]に掲載しています。


ご質問・お問い合わせ

当プロジェクトに関するお問合せ
  • 「こんな質問もしていいの?」「回答団の活動はどのようなもの?」など、気になることはお問合せください。
E-mail:daredokoqa@gmail.com(「だれでも・どこでも Q&A図書館」事務局)


「だれでも・どこでも Q&A図書館」について

「だれでも・どこでも Q&A図書館」プロジェクトの目的、発起人等について掲載しています。

ポスター

だれどこのポスターです。広報にご利用ください。カラーのものと白黒のものがあります

当ページへのリンク

広報など短いURLが必要な場合は次をご利用ください。
  • http://savemlak.jp/wiki/daredoko
また、リンクはフリーです。詳細は「リンクについて」をご覧ください。
個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール
コミュニケーション
Google Translate