被害報告があった神奈川県の施設

提供: saveMLAK
移動: 案内, 検索


現在までに、5件の施設の被害が報告されています。


神奈川大学図書館横浜図書館

職員・利用者の被害

施設の被害

  • 外壁の一部破損(ほとんど支障なし)

蔵書・収蔵品・展示の被害

  • 図書多数落下(復旧済)

その他の被害


関東学院大学図書館

職員・利用者の被害

地震による怪我人はおりません。職員・学生からの被災の連絡は12日現在、ありません

施設の被害

建屋の損傷はありませんが、書架からの資料の落下が数万冊あります。

蔵書の被害

落下した図書・雑誌の状況を現在、調査中です。

その他の被害

一部の分館で地震発生時に停電が発生しました。


慶應義塾大学湘南藤沢メディアセンター

職員・利用者の被害

なし

施設の被害


蔵書の被害

蔵書の2/3程度が落下。website/twitter上で写真公開中( http://www.sfc.lib.keio.ac.jp/general/earthquake/index_list.html

その他の被害


相模原市立図書館

職員・利用者の被害

施設の被害

  • (2011-04-11 神奈川新聞) 相模原市立図書館が修繕工事のため休館へ、12日から5月19日まで相模原市立図書館が修繕工事のため休館へ、12日から5月19日まで/相模原:ローカルニュース : ニュース : カナロコ -- 神奈川新聞社(2013/01/28閲覧)
    「相模原市は11日、震災により被害を受けた市立図書館(中央区鹿沼台)を、修繕工事のため12日から5月19日までの間、休館すると発表した。 同館は地上2階、地下1階建て。震災により壁の一部にひびが入ったり、17万冊を所蔵する地下の書庫で書棚が倒れるなどし、一部利用を制限していた。 休館中の工事では、市民が利用する1、2階部分を優先的に修繕し、5月20日から利用を再開させる。地下の書庫の改修は、6月以降になる見通しで、一部の蔵書は予約できない状態が当面続くという。」
  • (2011-03-20) 地震の影響による相模原市立図書館(鹿沼台)の現状について地震の影響による相模原市立図書館(鹿沼台)の現状について(2013/01/28閲覧)
    「3月11日(金)に発生した東北地方太平洋沖地震により、相模原市立図書館(中央区鹿沼台2-13-1)では、施設に被害を受けました。 書架のある1階フロアーは、中央の天井の梁にヒビが入り、天井部分が下がってしまった箇所が見られます。また、床面も数箇所が隆起し、書架が斜めになってしまいました。集会室、読書室等のある2階の壁には、Ⅹ字等の亀裂が入り、約17万点の資料を収蔵している地下書庫においても、スチール書架のほとんどが倒壊し、床一面に資料が散乱している状況です。」

蔵書・収蔵品・展示の被害

  • (2011-07-05 相模原市立図書館協議会) 平成23年度1回相模原市立図書館協議会 会議録. 平成24年7月5日開催 (2013/01/28閲覧)
    「一番大きな被害は、地下閉架部分で17万冊が収納された書架が全て倒壊したため、給排水管の破裂、水漏れ等が発生し、図書資料も下敷きになってしまい、1~2割が使用できなくなりました。」

その他の被害


寒川文書館

職員・利用者の被害


施設の被害

資料の被害


その他の被害

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール
コミュニケーション
Google Translate